So-net無料ブログ作成

話題のα用Bluetoothリモコン「RMT-P1BT」の発売は、4月26日(金)に。 [デジタル一眼]

SnapCrab_NoName_2019-4-22_15-55-57_No-00

ワイヤレスリモートコマンダーRMT-P1BT ソニーストア価格6,750円+税
4月26日(金)発売

ソニーストア

ちょっと見落とし情報。Bluetoothリモコン「RMT-P1BT」の発売日が、4月26日(金)に決定!
すでに、ソニーストアでは、入荷次第出荷になっている・・・。

RMT-P1BT_01

ワイヤレスレリーズのなにがすごいのか?って、よく聞かれる。
そういや、CP+でさわってきたのに、ブログで紹介してねぇ^^;ってことで、今さらながら・・・。

●純正のBluetooth接続

純正だから、特別なアダプターも不要で、しかも、Bluetoothだから、電池持ちがいい。ボタン電池でOKだから、本体自体も軽量コンパクトに!
CP+の説明員さんの話だと、1年くらいの電池持ちを想定しているそうな。
また、赤外線とは違い、ポケットの中でも、、、人が前を横切っても、なんの問題もなく操作ができる。

が、やはり、カメラ側がこのレリーズに対応していないとだめ。
今日現在、対応しているカメラは、本体ソフトウェアVer.3.0にアップデート済みの、α7Ⅲ、α7RⅢ。
2019年夏以降のアップデートで対応予定なのが、α9、α6400。

●シンプルながら、必要最低限の機能はしっかりと、確保

RMT-P1BT

RMT-P1BT_02

プラスマイナスボタンは、右側面の「FOCUS/ZOOM」スイッチに従った動作。
レリーズボタンは、半押し対応で、右側面の「STILL/MOVIE」スイッチに従った動作。
AF-ON、C1ボタンは、もちろん、カメラボタンと同等の動作なので、カメラ側で割り当てた動作になる。
左側面には、誤操作防止の、LOCKスイッチ。
また、首から下げたり、カバンに下げたりできるように、小さめのカラビナでも通せる、ストラップホールも用意されてるのは気が利いてる。
さらに、最上部には、それぞれのボタン操作時に赤く点灯するランプも搭載されている。

液晶画面がついてるわけでもなく、少ないボタン配列のみだけど、しっかりと、必要なポイントを押さえてるのは、純正ならでは!!!

●実際にさわってみて・・・

1stインプでは、レスポンスがいい!多少のライムラグはあるんだろうかと思いきや、レリーズ押し込むと同時に、パシャリと。ワイヤレスでもこの反応の早さなら、安心できる。また、一度ペアリングしてあれば、カメラ電源オンと同時に即つながるのも、好印象。

個人的に、かなりぐぐぐぐぐーっと心をつかまれたのが、マニュアルフォーカス操作。
プラスマイナスボタンで、ちょちょちょっと操作すれば、直接フォーカスリングを手で回すよりも、精度の高いフォーカス操作ができると感じた。これ、星空撮影時にもすげー重宝しそう。特に冬の撮影では、ダウンジャケットのポケットに手と一緒につっこんでても、操作ができてしまう・・・。いまから、冬の撮影を妄想してにやついてしまった。。。

-----------------------------------------------------

ワイヤレスリモートコマンダーRMT-P1BT ソニーストア価格6,750円+税
4月26日(金)発売

ソニーストア

結構、安いよ、これ!


nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント