So-net無料ブログ作成

新サイバーショットDSC-T200勉強会に参加してきた! [サイバーショット]

早速、昨日発表されたばかりの”DSC-T200”にさわることができた。

いつものとおり、限られた時間だったため、写真は”汚い”んで。
そのデキのよくない写真いっぱいなので、モバイル環境の人は要注意。

0905t2001.jpg
↑梱包は、最近のサイバーショットと全く同じ。

0905t2002.jpg
↑中を開けてみて、すぐ目についたのが、この取扱説明書。
 写真の矢印に注目。なんと、同時に発表された、DSC-T70と
 取説が共通!
 昨日のブログでも書いたとおり、2機種の違いは、価格は当然
 だが、光学ズームや液晶画面の大きさ、重さ、カラバリくらい。
 実際、取説をながめてみても、2機種をわけて説明している
 ところは、数カ所程度。

0905t2003.jpg
↑付属品。矢印のパーツがちょっと不思議。
 これは、アダプタープレートと言って、T100用に発売
 された、サイバーショットステーションを、T200で使用
 するためのアダプター

0905t2004.jpg
↑こんな風に、すっぽりかぶせて、T100とのサイズ違いを
 カバーする。

0905t2005.jpg
↑DSC-T200本体 やはりヘアラインが美しい。

●旧機種DSC-T100と比較してみよう

0905t2006.jpg
↑写真ではわかりにくいが、表面見る限り、ストラップ用の
 取付部くらいでしか、区別がつかない。実は、この取付部、
 ホールドする際、親指の指かかりとして、以外と使える。
 そして、液晶面。
 これは、明らか。3.5型の液晶画面で、ほぼいっぱい。
 画面右上の白文字は、出荷時の保護用フィルムに印刷
 されたもの。すぐはがしちゃおう。じゃま。。。
 気になる人は、液晶保護シートをセットで買っておこ。

0905t2007.jpg
それぞれ、左側が、DSC-T200
特に、横から見ると、かなり厚みが違うのがよくわかる。
写真以上に、実物を見ると、かなりスリムな印象を受ける。

●スマイルシャッターの威力は?

0905t2009.jpg
↑まず、スマイルシャッターモードにするには、シーンセレクション
 から選ぶ。要するに、夜景モードや、花火モードといった、モード
 と同じ扱いというわけ。

0905t2008.jpg
↑被写体にカメラを向けると、顔キメ機能が働き、人間の
 顔をロックオンする。そして、シャッターボタンを深押しする。
 このとき、実際にはシャッターは切れずに、ロックオンした
 被写体が、笑うとシャッターが切れるというわけだ。
 被写体が複数いる場合でも、もちろん、ロックオンは、
 複数されるが、スマイルシャッター機能は、一人だけにしか
 働かないため、複数のロックオン状態から、タッチパネルで
 この人!と指定する必要がある。指定しないと、適当に、
 選ばれるっぽい。

0905t20010.jpg
↑ちなみに、Webでも解説されていたとおり、スマイルレベル
 というのを設定でき、強にすると、クスリ 程度でシャッターが
 切れる。弱だと、ソートーばか笑いしないと切れない(笑

0905t20011.jpg
↑右奥の人を、ロックオンしてスマイルシャッター。
 かなり、ヒキ気味の画角だが、これでも、笑ったときには、
 しっかりシャッターが切られた。

0905t20012.jpg
↑私、店長野田です。。。あまりにも、間抜けな顔で笑ってるので、
 悪用されるといけないので、モザイクっす。
 左程度のさわやかな微笑みでも、パシャリ。
 右の、バカ笑いでも、パシャリ。
 どういうしくみなのか、怒り顔で、歯を見せても、パシャリされない。

 DSC-T200が、どんな思考回路で、人間様の顔を笑ってると判断
 しているのか、どうしても知りたい今日この頃。。。

●ワイドタッチパネルの威力

まず、最初にお断りを。店長野田は、ソートー、アンチタッチパネル派
です。そりゃそうでしょ。液晶さわりたくないし。汚れるっしょ?

0905t20013.jpg
スライドショーしてみる。。。ふーん、たしかに、ワイド画面のほうが、
なんかいいけどさ・・・

0905t20014.jpg
(左上)常に画面左右の「黒み」にたくさん操作ボタンが表示されてて、
ぱっと操作しやすそうだけど・・・
(右上)ワイドモードで撮影するときは・・・たしかに見やすいね。。。
操作ボタンもかぶってるけど、意外と見やすい・・・
(左下)設定画面は、もろワイド表示して、かなり見やすい。ちっちゃい
画面だと、ツメでボタン操作しないとだし・・・
(右下)画面サイズの変更なんかも、ぱっと変更できる・・・

んー、結構使いやすいんだよねぇ。このタッチパネル。確かに汚れる
のは避けられないけど。
ピントあわせたいモノをタッチするだけで、画面の真ん中以外にも
ピントあうし。
使えば使うほど、左右の「黒み」のボタンから離れられなくなりそうな
予感。。。

このタッチパネル・・・アリです!

●おまけ

取説にもちいさく表記されてるだけなので、気づかないままの人も
多いかもしれない、気の利いたプチ機能。
(実際、偶然気づいたから、取説に書かれてるのにも気づいたくらい)

0905t20015.gif
↑撮影時、右上のなにもボタン表示がない部分・・・
 ちょうど右手でホールドすると、自然と親指が当たる
 ところ。
 液晶パネルに気にせずに、親指でさわると・・・
 表示がぜーんぶ、消えるのね。
 被写体に集中できるってもんだ。
 こういう機能って、意外と大事だね。

おしまい。。。

banner02_560x80_01.jpg
ソニースタイル DSC-T200 DSC-T70についてはこちら


nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 3

ゆうだい☆

ボタン類が見当たらないと思っていたらタッチパネル式だったのですね。
by ゆうだい☆ (2007-09-06 23:18) 

 タッチパネルにはもうこだわりたくありません…。(-_-メ
 ってか、野田店長さんの素顔が気になります…。(笑)
 でも、顔キメは便利ですね♪
 T100でやってみたら色々分かってきました~!( ^^)v
by (2007-09-06 23:32) 

てんちょ

ゆうだいさん、どもです。そうなんですよ。電源入れないと、これ、モックアップか?くらい思ってしまいそうです。。。
年配の方には、タッチパネルってのは、ビミョウと思いますけどねぇ[うーむ]

す、素顔ですか[はてな] いやいや、そんな気にしていただくほどのものでは[あせっ] ただのおっさんですから[ぴーっ]
by てんちょ (2007-09-07 09:12) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0