So-net無料ブログ作成

2017年モデルVAIO、S11、S13、S15、、、開梱して、外観眺める。。。(店頭展示中) [VAIO]

calltencho_2017-9-21_13-21-31_No-00

本日より、お届けがはじまった、2017年モデルのVAIO、、、S11、S13、S15の3機種。当店店頭にも、3機種揃って入荷。本日より、店頭展示開始!

では、、、恒例の、開梱して、外観を眺めて見よう。

●VAIO S11、S13まとめて。。。

DSC00312

↑S11

DSC00365

↑S13

今回、S11とS13は、同一設計ってことで、実物を見ない限り、写真ではどっちがどっちか見分けがつきにくいほど。

ってことで、開梱&外観レビューも、一度はそれぞれに書いたものの、ほとんど同じことの繰り返しなので、再編集して、1つにまとめてみた。

すでに、箱ですら、一緒に写した手と比較しないと、サイズ感が不明。。。

DSC00313

↑S11

DSC00366

↑S13

しょ、正直どっちでもいい感じだが・・・汗

DSC00314

↑S11

持ってびっくり。軽い!!!

DSC00364

↑S11

実測では、839g!!!!軽いはずだよ。これで、バッテリー持ちは、、、最大14.5時間~16時間。LTE接続ですら、約7.7時間。。。

DSC00315

DSC00372

↑S11、S13とも、同じの、付属ACアダプター

10.5Vタイプで、ケーブル全部で約250gくらい。 USB給電専用端子付き。
コンパクトだけど、S11本体839gと比較するとなんか・・・。でも、外出や、1泊出張くらいなら、バッテリー持ちいいから、いらないよね!
S11なら、がちで、839gで、持ち運べるってことだ。

DSC00317

↑S11

DSC00368

↑S13

S11、S13ともに、画面開くと、ウェスをはさんでくれてる。うれしいね。

DSC00353

↑新旧S11比較。(左が新S11)

S11は、外観も含めて、完全なフルモデルチェンジ。

旧S11は、ちょっと丸っこく、ぼてっとした外観だが、新S11は、新S13同様に、シャープな印象。

DSC00351

↑キーボード面も、大きく変更されてる。(左が新S11)。新S11は、完全にフラット。旧S11のような溝はなし。

DSC00350

↑すっかり、洗練されたデザインになった、新S11(左)タッチパッドが、2ボタン式になったのもポイント。

DSC00342

↑アルミ素材のキーボード面全体に、ヘアライン加工がされ、高級感ただよう。

DSC00345

↑S11は、カラバリが4色。店頭では、ブラック以外は、天板サンプルで、実際の色を確認できます。

その天板サンプルの裏側を見てみると・・・

DSC00348

↑軽量化と剛性確保のための、カーボン素材ということが、よくわかる。このヘアラインは、表面からは見られないのが残念。

DSC00354

↑S11裏面。旧S11(右)は裏面も樹脂。新S11は、マット素材で、手触りからしても、新S11のほうがダンゼン質感が高い。

DSC00378

↑S13は、2色。シルバーは、天板サンプル。

DSC00377

↑S13は、天板からは、どっちがどっちかわかりづらいが、、、

DSC00375

↑キーボード面を見ると、違いは明らか。新S11同様に、新S13は、キーボード面は、一枚もの。旧S13は、キー回りのみ、別材質になってる。

s11_7_486_365

↑S11

s13_7_486_320

↑13

↑VGA端子、HDMI端子、LAN端子、USB 3.0×3、SDスロット
もちろん、HDMIは、4K出力可能で、同時出力は、HDMI+D-subが可能で、3画面オペレーションが可能。見ての通り、新S11、新S13ともにそっくり。ここまで、共通設計になってるとは驚きだ。

ということで、S11の外観の変貌ぶりがスゴイが、、、S11、S13ともに、2017年モデルは、飛び道具的なとんがったVAIOではないが、重量、バッテリー持ち、インターフェースと、非常によくまとまった、優等生VAIOだなぁという印象だ。また、外観的にも、さらに洗練され、「イキ」なPCという印象だ。

-----------------------------------------------------

↑現在、数量限定の早い者勝ちで、S11、S13それぞれに、VAIOロゴ入りPCケースが、同梱されるキャンペーンが開催されている。

ケースは、ハクバ写真産業株式会社製。
かるーく緩衝効果のある素材。

DSC00358

↑ファスナーやベルクロなどの固定は一切ない。

DSC00359

↑フラップ式

DSC00360

↑フラップはこんな感じで中に折り込んでやると、、、

DSC00361

↑VAIOを収納しやすく、、、

DSC00362

↑その後、フラップを元に戻せば、、、

DSC00363

↑簡単に収納完了。

●VAIO S15

DSC00384

↑15インチ画面らしい、かなり大きいパッケージ

DSC00386

↑表面すべすべのマット感な、外観。

DSC00387

DSC00388

↑ACアダプターは、19.5V。S11やS13用とは違い、USB給電端子はない。

DSC00390

↑S15は、いわゆる、マイナーチェンジだが。。。

DSC00391

↑個人差もあったが、評判のよくなかったタッチパッドが刷新。実は、店長野田の指では、非常に感度が悪く誤動作までしていた、旧S15のタッチパッドだったが、新S15では、思い通りに動いてくれる。さらに、2ボタン式となった。

DSC00394

↑S15も、実機はブラックで、それ以外のカラーは、天板サンプルで確認できます。。。

s15_7_486_320

↑S15は、見やすい大画面15インチ。光学式ドライブ内蔵。
HDMI、VGA、LAN、USB3.0×3、SDスロット。オールインワンPCとして、十分な装備。

-----------------------------------------------------

ということで、おしまい。。。

-----------------------------------------------------

おまけ

当店店頭および、Web、ブログなど経由での、ソニーストアでの注文実績を見ると、、、完全にS11の一人勝ちの状態。しかも、、、かなり盛り盛りの状態で。
また、まだ見ぬ新Z様へ、熱い期待をしている人が多い。
第8世代CPU載っけちゃって登場したりするんだろうか・・・。

-----------------------------------------------------

ソニーストア VAIO


nice!(4)  コメント(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント