So-net無料ブログ作成
検索選択

4K HDRホームシアタープロジェクター『VPL-VW745』,4Kビデオプロジェクター『VPL-VW245』先行予約販売開始! [ホームシアター]

001

4K HDRホームシアタープロジェクター VPL-VW745

2017年12月9日発売予定  ストア価格 1,530,000 円+税

02

ビデオプロジェクター VPL-VW245

2017年10月21日発売予定  ストア価格 494,880 円+税

こんにちわ!スタッフみっちーです!
店長が不在のためサクッとご紹介します。

先ほど、4K ホームシアタープロジェクター『VPL-VW745』とビデオプロジェクター『VPL-VW245』が
ストアにて先行予約販売を開始いたしました!
発売は2017年12月9日と10月21日予定です。


002

ビデオプロジェクター VPL-VW745

レーザー光源の採用により、2,000lm(ルーメン)の高輝度と約20,000時間の長時間使用を実現

002

レーザー光源(Z-Phosphor)をホーム用ビデオプロジェクターの光源に採用。
レーザー光源(Z-Phosphor)により、映像の入力信号に合わせ遅延のない調光が可能。
全体の明暗の差が大きいHDRの映像も、暗い箇所から明るい箇所まで黒つぶれや白とびすることなく細部まできれいに表現します。

ソニー独自のネイティブ4Kパネルとレーザー光源搭載モデル


003

ソニー独自のネイティブ4K(4,096×2,160)パネル「4K”SXRD”」採用。これにより高精細かつ自然な表現が可能。
フルHDの映像信号(3Dを含む)をより高精細な4K(水平4,096×垂直2,160画素)映像信号に変換します。

004

ビデオプロジェクター VPL-VW245 (B)ブラック (W)プレミアムホワイト

ソニー独自のネイティブ4Kパネルとレーザー光源搭載モデル


003

ソニー独自のネイティブ4K(4,096×2,160)パネル「4K”SXRD”」採用。これにより高精細かつ自然な表現が可能。
フルHDの映像信号(3Dを含む)をより高精細な4K(水平4,096×垂直2,160画素)映像信号に変換します。

明るく高品位な映像再現


005

送業界で対応が進み、4Kブルーレイディスクに採用されているHDR10方式、放送で採用されるHLG(Hybrid Log Gamma)方式に対応。
全体の明暗の差が大きい映像でも細部まできれいに表現が可能になり、「立体感」、「奥行き感」、「精細感」が増し、よりリアルな映像が楽しめる。
高い光の利用効率を誇る「4K SXRD」や225W高圧水銀ランプの採用により、1,500lm(ルーメン)という高輝度を実現。
さらに、ランプ寿命6000時間で長く使える。

>4K HDRホームシアタープロジェクター VPL-VW745発売は2017年12月9日予定。

>4K ビデオプロジェクターVPL-VW245発売は10月21日予定。


nice!(4)  コメント(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント