So-net無料ブログ作成

『FE 16-35mm F2.8 GM』 SEL1635GM、本日発売。開梱、試し撮り。 [デジタル一眼]

DSC00246

『FE 16-35mm F2.8 GM』 SEL1635GM 267,500円+税
製品情報とご注文

大三元レンズの一角、16-35mmF2.8(SEL1635GM)が、いよいよ、本日発売日を迎えた!

当店でも、本日より展示解禁!是非、手に取って、試し撮りしてみてー。

では、開梱していってみよう。

DSC00247

↑高級機には、標準付属となっている、しっかりとしたキャリングケース。いつものデザイン。キャリングベルトも付属する。

DSC00248

↑フラップを開くと、ベルトでつながれて、同時に開閉できるダブルジッパーが出現。それを降ろすと、、、

DSC00250

↑ガバッ!と開く。出し入れはしやすい。

DSC00251

↑大三元FEレンズのトリを飾る、16-35mmF2.8だ!

DSC00255

↑すごいレンズなんだけど、持てば拍子抜けするほどの軽さ。よくぞここまで軽量に仕上げたもんだ。

DSC00379

↑先日、ソニーストア大阪へ取材に行ったときの。

軽いし、広角レンズだから当然だが、長くないし、ちょっと贅沢な普段使いレンズとしても活躍できそう。

DSC00254

主な特長

●超高度非球面XA(extreme aspherical)レンズ2枚、非球面レンズ3枚を効果的に配置し、ズーム・フォーカス全域で高い解像性能を実現
●ED(特殊低分散)ガラスを2枚採用。色収差を良好に補正し、画面隅々までシャープに描写
●フローティング機構の採用により、近距離から遠距離まで鮮鋭な描写を実現
●2つのフォーカスレンズ群の駆動には「ダイレクトドライブSSM(DDSSM)」を採用。静止画、動画を問わず精緻なピント合わせが可能
●ナノARコーティングの採用で、フレアやゴーストを大幅に抑制

●超高度非球面XA(extreme aspherical)レンズと11枚羽根の円形絞りにより、被写体を引き立てる自然で滑らかなぼけ表現が可能
●最新のシミュレーションを用いた光学設計と製造工程での球面収差の最適な調整により、洗練されたぼけ描写を実現
●高い機動力が求められる撮影現場に最適な小型・軽量設計
●快適な操作性で撮影をサポートするため、フォーカスモードスイッチ、フォーカスホールドボタン、MFリングを搭載
●防塵・防滴に配慮した設計(*)に加え、レンズ前面には汚れが付きにくく、落としやすいフッ素コーティングを採用


では、、、店内にて試し撮りを。。。

DSC00256

↑16mm(最短撮影距離)

DSC00257

↑35mm(最短撮影距離)

DSC00260

↑35mm(最短撮影距離)

これだけ寄れれば、食べ歩き用の写真も撮れるね。

DSC00263

↑16mmF2.8

DSC00265

↑16mmF2.8

これも開放で撮ってるけど、ピンが来てるところは、ほんとにシャープで。
周辺部の色収差も非常に少ない。

DSC09978

↑16mmF7.1(ソニーストア大阪にて)

歪曲収差も、じょーずに、補正されてるようでございます。。。

DSC00267

DSC00268

↑35mmF2.8

前後ボケともに、ひじょーに、やわらかい。

-----------------------------------------------------

さすが、GMの名を冠するレンズだけに、ほんとよくできたレンズだと思う。
GMらしい、高い解像感とやわらかいぼけを両立し、軽量コンパクト。最短撮影距離も短く、まさに、これ1本で、いろーんな撮影を楽しめそうだ。
1本だけレンズを持って。その1本に選んでも十分いける!

-----------------------------------------------------

『FE 16-35mm F2.8 GM』 SEL1635GM 267,500円+税
製品情報とご注文(撮影サンプルもあり)
nice!(3)  コメント(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント