So-net無料ブログ作成

Xperia Touch先行予約販売開始!そして、、、当店店頭に、発売前特別先行展示開始! [Xperia]

DSC00186

Android OS搭載ポータブルスマートプロジェクターXperia Touch(G1109)ソニーストア価格149,880円+税
6月24日(土)発売予定

ソニーストア

発表当日の当店ブログでご紹介
ソニーストア大阪で、Xperia Touchを見てきた。

さぁて、本日10時より、ソニーストアにて先行予約販売開始となった、Xperia Touch。「タッチできるプロジェクター」というフレコミの、ヒジョーに尖ったアイテム。

当店店頭では、6月24日(土)の発売に先立ち、本日10時開店と同時に、特別先行展示開始!

と同時に、「お客様のおじゃまにならないように・・・」ひたすら、ゲームプレイに明け暮れている店長野田。正直、今も「イヤイヤ」ブログ執筆という仕事をやってるというアリサマ。。。さっさとアップして、つづきのゲームやりてぇ・・・。あぁ、あと、遅ればせながら、最近見始めソッコーはまった、アニメ キングダムを、Xperia Touch使ってNetflixで楽しんでみよう・・・あ、いや、画質評価してみようと思う。。。

DSC00187

↑現在、店頭では、専用什器にてXperia Touchを堪能できるように。

本体は、ナナメって設置してるため、金具固定してるけど、一声いただければ、即、移動して、店内どの場所ででも、お試しできます。。。

では、まずは、お約束の開梱の様子から、さらっと。

DSC00168

DSC00169_1

DSC00171

DSC00172

DSC00173

付属品は、いたってシンプル。充電用ACアダプターのみ。しかも、ケーブル直付け。USB-typeCケーブルすら付属してないので、PC接続する場合は、ケーブル買わないとね。

DSC00174

↑まずは、充電。
底面のカバーをかぱっと開いて、充電ケーブルを差し込む。隣に見えるのは入力専用のmicro HDMI端子(HDMI タイプD)。他のプレーヤーなんかと接続すれば、純粋な、超単焦点プロジェクターとして使えるのだ。

DSC00175

↑カバーを閉めると、すっきり。HDMIケーブルを接続時でも、端子が見えなくて、きれーなデザインを損なわない。
真ん中よりにある穴ぼこは、測距用のレーザーAFセンサー。投影面までの距離を測定し、画面サイズやフォーカス調整を自動で行う。

DSC00176

↑側面からトップぐるっと、パンチングメタルデザイン。

DSC00180

電源ボタン(スマホのと同じ役割のやつ)、カメラ、人感センサー、音量ボタン(ドットの2つ)、NFCなんかも配置されてる。

DSC00177

↑テーブル投影する場合、背面になる面(投射面の反対側)。マットなデザイン。壁面投影する場合は、底面になるから4点の突起がついてるね。そして、、、

DSC00178

↑microSDカードスロット!そうだった、これは、Android機なんだったね。

DSC00179

↑ソニーロゴの下から赤外線を照射して、それをイメージセンサーで読み取ることで、最大10点のマルチタッチ操作を可能にする。

気になる操作性は、、、↓のFacebookにアップした動画をチェック!

↑動画ではまだまだ素人店長野田が、両手ながら一本指でやってるが。
現在、上級者レベルに突入した店長野田は、両手10本指を駆使し、まさに、10刀流でプレイ中♪

さぁ、ゲームの続きを!

おしまい。。。

-----------------------------------------------------

ソニーストア

発表当日の当店ブログでご紹介
ソニーストア大阪で、Xperia Touchを見てきた。


nice!(3)  コメント(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント