So-net無料ブログ作成
検索選択

Brise Audio、4.4mm5極プラグイヤホンリケーブル最上位モデル「UPG001Ref.」本日発売!1stインプレ。 [ヘッドホン]

DSC09863

当店定休日です;;
ってことで、最寄りのクロネコさんまで荷受けに走って、、、その場で、梱包しなおして、ご注文のお客様へ、発送!さぁ、今回は、そのまま自宅へゴー!

ということで、開梱&1stインプレは、自宅から。。。

DSC09853

↑これが、、、ブリスさん特注BOXか!!!
ブリスケーブル複数お持ちの方は、収納箱として使えるねぇ。

DSC09855

↑必要最低限のラベルが貼ってあるだけ。潔い!

DSC09856

↑中は、いつものパッケージがまるっと。

DSC09857

↑ゴールドロゴのブリスさんオリジナルチューブで隠されてるが、OFC Pentaconn採用。

DSC09858

DSC09862

DSC09861

-----------------------------------------------------

ブリスオーディオさん曰く、、、

「UPG001Ref.は、弊社イヤフォンリケーブルUPG001シリーズの集大成となるケーブルです。イヤフォンリケーブルとして現時点で可能な全てを注ぎ込み開発いたしました。」

どれどれ。。。試聴してみる・・・

やはり、比較すべきは、、、

・UPG001(ノーマルPentaconnプラグ)
・UPG001Rh+(ロジウムプラグ)

だよね。

UPG001とは、Pentaconnつながりということで傾向は似ている。が、やはり、UPG001Ref.は、OFC Pentaconn採用ということもあり、完全上位モデルという印象。個人的にはあったか系と思ってる、Pentaconnプラグ。その特長を残しつつ、さらに高い解像感、クリアな高域が追加された。音色としては、少し暖かみのあるフラット系な感じか。音に立体感もあるし。

UPG001Rh+は、店頭展示機が150時間のエージングが終わり、本来のパフォーマンスを発揮してくれたところだが、Ref.があったか系なら、こちらは、ストレート系と個人的に感じている。どっちがとうかと言われると、傾向の違いとしか言いづらい。現代音楽にあうと、ブリスさんがおっしゃってるが、そのとおりと感じる。

ほんとに、贅沢だが、Rh+とRef.を両方持っておけば、思いっきり幸せになれそう。ほんと、沼っすね。。。

ということで、UPG001Ref.は、エージング200時間とのことで、まずは、そこを目指しつつ、聴き込んでみたいと思う。

-----------------------------------------------------

calltencho_2017-3-8_11-45-18_No-00

UPG001Ref. OFC Pentaconn 5極Φ4.4mmプラグ-MMCX 64,000円+税

コールオンラインショップ

↑本日18時現在で、2本ほど在庫あり。

-----------------------------------------------------

img20170120152444492752

Brise Audio製「UPG001Rh+ Limited Edition イヤフォンリケーブル」36,600円+税

コールオンラインショップ(1本だけ在庫あり)


nice!(6)  コメント(0) 

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント