So-net無料ブログ作成

ソニーストア2017スプリングキャンペーン開始!!!4月10日(月)10時まで! [ソニーストア情報]

main_visual

本日3月3日(金)10時~4月10日(月)10時までの約1ヶ月間、ソニーストア2017スプリングキャンペーンが開催される。
MAX1万円のお買い物券プレゼント、下取り強化、直営店舗特別イベント、ギフトラッピング無料といった、4つの特典。

パッケージはいつものブリスさんの感じ。

DSC09794

↑「ロジウムメッキ&特殊な広帯域非磁性特殊積層電磁波吸収材でシールドを施した」という、プラグを採用したのが、もっとも大きな特長。(ちなみに、Pentaconnではない)

DSC09795

耳掛けワイヤー(チタン製)を採用することで、装着感も向上。

さて、、、まず、メーカーのブリスさんによると、

※エージング期間は150時間ほどで落ち着いてきます。

ということで、今回のレビューは、エージング0時間の、仮インプレッションであることを忘れないでね。。。

愛機ウォークマンWM1Z+Justearで、聴いてみる。

では・・・いきなり、超お気に入りの、迫力のドラムソロ楽曲「Sheffield Lab Drum Improvisation1 (CD音質)」から。
キンバーケーブルのキレのある低音とは、異質の低音であるのがブリスケーブル。骨太でどっしりとした安定感のあるノーマルPentaconnケーブルに対して、ロジウムプラグケーブルは、、、さらに明瞭度がアップした印象。

次に、定番の「宇多田ヒカル 花束を君に(ハイレゾ)」。うわぁ、スッキリだぁ。ボーカルがよりはっきりとし、定位もしっかりと。ほほー、低域だけじゃなく、ボーカル域までも明瞭度がアップしてるのかぁ。

次に、「いきものがかり 恋詩(ハイレゾ)」。冒頭ドスンと低音から入ってくるのが特長のこの楽曲。うんうん、やはりクリアだ!そして、美しい女性ボーカルが・・・お!!!グイッと前面に出てきた!ボーカルが近い!非常に生々しいのだ!高音域が魅力のこのボーカルも、かなりクリアに。

どうやら、ロジウムプラグケーブルは、全域に渡って、明瞭度がアップしているようだ。公式サイトには、「艶やかな高域」と書かれているが、是非、低域にも注目して聴いてもらいたい。

30分程度の試聴で、いきなりブログ書いてるわけだけど、「手元にある、改造した各種ケーブル含めても、一番音色が気に入ったケーブル」だっ!
エージングが必要というのが、イマイチ、ピンと来ないんだけども。確かに、少し高域のエッジが立ちすぎてると感じなくもないけど、これが和らぐってことだろうか?が、シャープさがなくなりすぎるとそれはそれで面白くなくなるし。ともかく、エージング30分の時点でも、ヒジョーにいいデキのケーブルと言える。
これが、数量限定というのは、ちょっともったいないと思う。ブリスさんの頑張りで、定番製品にしていただきたい!
さぁ、あとは、OFC Pentaconnモデルの登場を待つばかりだ。ブリスさんのフレコミを見る限り、かなり高価なケーブルになりそうな気もする。少なくとも、このロジウムプラグケーブルよりは高くなるだろう。

ってことで、価格面、そして、数量限定ということを考えると、ロジウムプラグケーブルが、現時点では、イチオシだ!

コールオンラインショップ(次回入荷は未定。わかり次第当ブログで告知)


nice!(6)  コメント(0) 

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント