So-net無料ブログ作成
検索選択

予想以上に売れちゃってる、FEレンズ SEL50M28(FE 50mm F2.8 Macro) [デジタル一眼]

DSC08653

FEレンズ SEL50M28(FE 50mm F2.8 Macro)ソニーストア価格54,630円+税

ソニーストア

いきなり冒頭の写真は、10円玉の等倍撮影。

FEレンズでは、待望の50mmマクロレンズ。ツァイスでもGでも、ましてや、GMじゃないから、FEレンズの中では、かなりお手頃な価格。
90mmGマクロは、料理など、テーブルに座っての撮影では、ちょっと焦点距離が長すぎる。。。という声もよく聞いてて、被写体が近めのマクロ撮影では、まさに最適のレンズだ。

DSC08644

DSC08646

開梱レビューするほどでもなく、付属品もなにもなく、本体にキャップに取説類。

AF/MF切り替えのフォーカスモードスイッチ、フォーカスホールドボタン、制限なし、無限遠~0.3m、0.3m~0.16mを切り替えるフォーカスレンジリミッターと、十分な機能。

焦点距離:50mm
開放f値:2.8
絞り羽根:7枚
レンズ構成:7群8枚
最短撮影距離:0.16m
最大撮影倍率:1.0倍
焦点距離イメージ:75mm
フィルター径:φ55mm
大きさ:最大径φ70.8mm、全長71mm
質量:約236g

y_SEL50M28_lenscomposition
↑紫:非球面レンズ、緑:ED(特殊堤分散)レンズ

y_SEL50M28_measurement2

インナーフォーカスではなく、繰り出し式。
繰り出し面に、倍率や距離表示がされてる。複数の被写体を同じ倍率で撮影して、大きさ比較するときなんかにはすごく重宝する。
さて、ちょっとここで注意が必要なことが。
普通のレンズよりは、被写界深度が浅く、微妙なピント合わせが必要な、マクロレンズ。そのため、より繊細なフォーカス調整ができるように、フォーカスリングは、2周と3/4回転でやっとフォーカス全域を移動できる。実際に等倍撮影してみると、そのありがたみがよくわかる。全神経を指にそそがなくても、多少ラフなリング操作しても、大きくフォーカスが動かないから、微細な操作が楽にできる。
ってことで、AF時も、フォーカス全域を移動させるには通常のレンズよりは時間がかかる。これを、フォーカスが遅いと言われるのはちょっと違うかなと。

DSC08647

DSC08649

↑50mmだからこそ、かなりコンパクト。

DSC08657

↑F10 等倍

DSC08652

↑F6.3 等倍

DSC08659

↑F2.8 開放

「寄れる」って本当に撮影欲を満たしてくれるね。純粋に面白くて。
MFでフォーカスは等倍に固定して、被写体との距離だけを調整して撮影。マクロならではの撮影が、とにかく楽しい。
やはり、非ツァイス、非Gってことで、点光源ボケなどは、少々甘いが、十分楽しめるレベル。マクロと言えば、絞って使うことが多いが、90Gマクロほどではないにしても、開放にしてのマクロ領域外の通常距離撮影でも十分使える。50mm標準レンズとして、常用もOKってわけだ。
価格と撮影品質を考えると、非常にコスパが高いレンズというのが、撮影してみてよくわかった。

-----------------------------------------------------

ソニーストア


nice!(4)  コメント(2) 

nice! 4

コメント 2

kim65

発売日前に注文したのですが、10月22日に届きました。約1ヶ月遅れでした。
AF速度は遅いですが、SAL50M28と比較すると、いい勝負だと思います。
写りの方は気に入っています。
by kim65 (2016-10-24 00:51) 

てんちょ

>kim65さん

これまでは、APS-CのEマウントはじめてレンズのマクロを使ってたんですが^^;ブログ用には、解像度落ちても十分だと判断して。
でも、この50マクロにしてから、写りが全然違うと再認識。
やっぱり、レンズは重要ですね(←いまさら^^;
by てんちょ (2016-10-24 12:39) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント