So-net無料ブログ作成

600mmF4レンズが、166,880円と考えるとお得に思えてくる、サイバーショットDSC-RX10M3 [サイバーショット]

DSC-RX10M3

サイバーショットDSC-RX10M3 ソニーストア価格166,880円+税
※5月20日(金)発売予定

DSC-RX10M3製品ページ、ソニーストアはこちらから

初代のDSC-RX10登場のとき、、、全域F2の24-200mmズームレンズが、129,800円。本体部分はサービスでつけときましたので。なんていうのが、はまりトークだったことを良く覚えている。

そして、3世代目となる、DSC-RX10M3は、F2.4-4.0の24-600mmズームレンズが、166,880円。本体部分はサービスでつけときました。。。ろ、ろっぴゃくみりで、えふよん!!!スゲーレンズじゃねぇか!

さて、、、改めまして。
高倍率ズーム搭載のサイバーショットDSC-RX10M3。型番どおり、すでに3世代目。先代の2世代目DSC-RX10M2は、RX10M3にはない、NDフィルター搭載や、よりコンパクト軽量といった優れた点もあることから、併売となるそうだ。

original_RX10M3_img_24-600mm

RX10M3は、ズームレンズが大幅に刷新され、初代&2世代目のツァイスバリオ・ゾナー24-200mmF2から、ツァイスバリオ・ゾナー24-600mmF2.4-4.0へ変更。さすがに25倍という高倍率レンズになると、F値は全域固定というわけにはいかないが、望遠端600mmでもF4というのは、十分!!!

original_RX10M3_aperture_stop

絞りは9枚羽根の円形絞り(従来は7枚)。レンズ端からの最短撮影距離は、ワイド端で3cm、テレ端で72cm。最大4.5段の光学式手ブレ補正。0.09秒のファストインテリジェントAF。1/32000秒の高速シャッター。14コマ/秒の高速連写。
高倍率ズーム撮影では、超便利なズームアシスト搭載。これは、C1などのカスタムキーに割り付ければ、1プッシュで自動ズームアウト、フレーミング後、キーを話すと元のズームに戻る機能。

↑最大960FPS(40倍)スーパースローモーション動画や、

↑4K動画撮影が可能。

これ1台あれば、ほぼオールマイティーな撮影がこなせるし、また、、、αシリーズのサブというか、「リーズナブルな」超望遠レンズ代わりにカメラバッグに忍ばせておくという手もありか。なにせ、レンズ買うより安い。。。

calltencho_2016-4-8_18-29-35_No-00

↑撮影サンプルを見れば、高いクオリティに納得できるだろう。
焦点距離の記載がないのが少々残念だが。
おそらく、1枚目がテレ端、2枚目がワイド端、3枚目がマクロじゃないだろうか。

ということで、RX10M2は、展示を見送った当店だけど、今回のRX10M3は展示決定。先ほど、展示用機を発注済み。。。

-----------------------------------------------------

DSC-RX10M3製品ページ、ソニーストアはこちらから


nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント