So-net無料ブログ作成

最上位サイバーショット「DSC-RX1RM2」、当店展示開始!まずは、開梱、外観眺め・・・。 [サイバーショット]

DSC00331

サイバーショット DSC-RX1RM2 ソニーストア価格428,880円+税

ソニー製品情報

昨日、最上位サイバーショット「DSC-RX1RM2」入荷。発表時、12月中旬発売とされていたが、年を越し、2月19日へと発売延期となった。

まずは、開梱~外観チェックまで・・・。

DSC00314

DSC00315

DSC00316

DSC00317

↑付属品は、なかなかの充実。ネックストラップもゴージャス感あるし、、、ん?なんか見慣れないモノが・・・

DSC00318

↑Xバッテリーのチャージャーなのだ。

DSC00319

↑ほら、microUSBがこんなところに。

DSC00320

↑こんなスペック。Xバッテリーユーザーさんは、このチャージャーをサービスパーツとして取り寄せたくなるんじゃ?

DSC00321

↑カバーをスライドして、、、ぉ?カバーは半透明なんすね?

DSC00322

↑バッテリーを装着して、、、

DSC00323

↑これで、充電可能に。もちろん、DSC-RX1RM2本体でも充電は可能。

DSC00325

↑本体は、、、おごそかにパッケージングされてる・・・。

DSC00324

↑おっとわすれてた。アイピースカップ。これは、ゲンブツ見るのはじめてなんだよね。根元に見える丸いのは、固定用ネジ。

DSC00327

↑固定用ネジでしっかりと取り付けるから、ポップアップファインダーは、出しっぱになるよね。

DSC00326

↑ラバーがクッションになるから、目の周りへの「当たり」がソフトになって、格段に使いやすくなる。常用してもOK。なにより、、、撮影後のプレビューも、ファインダーのほうがキレイだし。ファインダー倍率0.74倍と、α7RⅡの0.78倍に迫り、α7Ⅱの0.71倍を上回る。覗いた瞬間広いと感じたのも納得。

DSC00328

↑とにかく、ファインダー使用が、完全に実用レベル。ユーザーとして悔しいが、RX100M3のそれとは、比較するレベルじゃない。それほど、実用性、実際の画質もすばらしい。

DSC00329_1

↑レンズキャップすぐになくす人!!!この付属レンズキャップは絶対なくさないようにね!

DSC00330

↑なくす自信がある人は、αとかの49mmレンズキャップをわざわざ買った方がましなくらい。。。

DSC00333

↑RX1、RX1Rでは、絶対マネできない芸当。

DSC00334

↑充実の操作系

DSC00337

↑設計者も気にしてるんだろうなぁ。JAPAN製だからか、明らかに、アジア製の製品よりも、フォントが、、、でかい!^^

DSC00336

まだ、10分程度しか、さわってないけれども。
明らかに、金かかってる感がはんぱない。それほどきれーな仕上がりで。
ダイヤルひとつとっても、堅くすぎずやわらかすぎず、、、ぬるっとした高級感ある、まわしやすい操作感だし。ポップアップファインダーのレバーですら、高級感が。

次回、、、実際に撮影に行ってみよう。

-----------------------------------------------------

ソニー製品情報

ソニープレスリリース

ソニーストア大阪で、サイバーショット新最上位モデル「DSC-RX1RM2」見てきた。


nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント