So-net無料ブログ作成

アクションカムミニがやってきた!<開梱編、、、マラソン準備編> [ハンディカム]

DSC02921

アクションカムミニ HDR-AZ1(リモコンなし)31,380円+税~
アクションカムミニ HDR-AZ1VR(リモコン付) 40,880円+税~

ソニーストア アクションカムミニ サイトはこちら

店長野田的マラソン専用カメラな、「アクションカムミニ」がやってきた!!!!

では、早速、マラソン撮影の準備をしてみよー。

では、早速、みてみよー。

DSC02944

DSC02922

↑相変わらず、面白いパッケージ。

DSC02924

↑三脚ネジを使って、裏からしっかりと固定されてる。

DSC02927

↑ちっちゃ!でも、これ、実は、本体に三脚用アダプターがくっついた状態で。

DSC02928

↑アダプターをはずすと、、、

DSC02930

↑この状態で、IPX4相当の防滴性能を有するってのが驚き。水深5m防水の付属防水ケースに入れる場合は、三脚用アダプターをはずしたこの状態で。

DSC02931

↑これで、水深5mで連続使用30分に、耐えうる。ボタン操作も問題なく可能。

DSC02934

DSC02935

DSC02937

↑とにかく、ボタンが少なく、、、本体でできることは、、、

録画スタートストップ、WifiのON/OFFのみ

あ、それと、持ち運び時にすごい助かるのが、HOLDスイッチ。気がつくと録画スタートしてた。なんていう誤操作防止には必須のスイッチ。

基本的に、操作は、すべて、ライブビューリモコンか、スマホを使う。特に設定は、本体では一切できない。

それほど割り切って、小型化に成功してるわけだが、、、IPX4相当の防滴性能、手ブレ補正機能、Exmor R&BIONZ X、カールツァイスレンズ、XAVC S、Wifi&NFC、撮影しながらの外部バッテリーからのUSB給電機能、スマホ経由でのUstreamライブ配信機能といった性能は、併売されている、既存モデルHDR-AS100Vからしっかりと継承。

DSC02939

DSC02940

↑microSD&メモステマイクロスロット、microUSB(MULTI)端子のカバーは、それぞれ、しっかりとゴムパッキンで防水処理されてる。スマホ同様、特にロック機構はなく、ゴムパッキンだけで固定される。

DSC02942

↑端子カバーよりは面積が大きくなるバッテリーカバーだけ、ロックがついてる。ロックはずされてるときは、黄色いアラートが見え、わかりやすい。

DSC02952

↑バッテリーは、新型のYバッテリー。バッテリーは手持ちのを流用したいとこだけど、これだけ、本体が小型化してしまうと、新しいバッテリーになるのはしょうがないところ。

DSC02954

↑画面というか、表示パネルというか。バッテリー残量、Wifi、メモカ状況が表示される。

おっと、、、ここで、ライブビューリモコンの開梱前に、時間切れだ。。。
大阪マラソンの準備しないと^^;

-----------------------------------------------------

DSC07906

ユニバーサルヘッドマウント BLT-UHM1 ソニーストア価格3,600円+税

ソニーストア

JP_Qnavi_Zoom

とくしまマラソンのときに、使った↑これ。

本来は頭に装着するけど、長丁場のフルマラソンでは、首への負担を考えるとムリ。
で、、、今回も、、、

DSC02979

↑それっ!ウェストに装着っ!取説によると、ベルトの長さが50cm~100cm。ってことで、ウェストにもいけちゃうのだ。

DSC02982

↑こんな感じぃ。左右の傾き調整もついてるから、助かる。

DSC02980

DSC02977

↑上下の角度調整も可能。

で、、、あとは、撮影モードの選択。

フツーなら、動画撮影するところなんだろうけど、、、アクションカムで120分、このアクションカムミニで80分という、バッテリーライフ。どうやっても、フルマラソンの動画撮影は不可。かといって、モバイルバッテリーっていう重量物を携帯するのは、ムリ。
で、、、とくしまマラソンのとき同様に、インターバル撮影で、静止画撮影に徹するのだっ。

モード→インターバル撮影
インターバル撮影間隔→2秒

で、本体トップの録画ボタンを押せば、電源オン→1枚目撮影→2秒ごとに撮影。

必要なときだけ撮影し、通常は、本体横の電源スイッチでオフにしておく。要所要所で、インターバル撮影する。といったイメージ。

ちなみに、起動時間を計ってみたところ。。。
静止画、インターバル撮影、動画ともに、約3.5秒で撮影or録画がスタートする。十分だよね。

-----------------------------------------------------

ってことで、明日、いよいよ、大阪マラソン本番だっ!
左足の疲労骨折疑惑も晴れたし、なんとか、疑いの張本人の痛みもなくなったし。
ムリしない程度に、ファンランいってくるっす!撮影もがんばるっす!

-----------------------------------------------------

img_col3a02-02

ソニーストアで、↓の3パッケージどれを買っても、↑ミニ三脚もらえるのだっ!

-----------------------------------------------------

●キャップに挟むだけのクリップヘッドマウントと、予備バッテリー(およびチャージャー)のセット

img_col3c01-01

HDR-AZ1とハンズフリーパッケージのセット38,640円+税
HDR-AZ1VRとハンズフリーパッケージのセット 48,140円+税

-----------------------------------------------------

●バックパックのショルダー部分につけるバックパックマウントと、予備バッテリー(およびチャージャー)のセット

img_col3c01-02

HDR-AZ1とトラベルパッケージのセット39,140円+税
HDR-AZ1VRとトラベルパッケージのセット48,640円+税

-----------------------------------------------------

●挟むだけで簡単に取り付けられる汎用性の高いクリップマウントと、予備バッテリー(およびチャージャー)のセット

img_col3c01-03

HDR-AZ1とモニターパッケージのセット39,431円+税
HDR-AZ1VRとモニターパッケージのセット48,931円+税

-----------------------------------------------------

WS000002
↑アクションカム専用の豊富なアクセサリーもソニーストアで!

-----------------------------------------------------

●当店ブログ アクションカムねた

ソニー、ついに、ウェラブルカメラ市場に殴り込み!「アクションカム HDR-AS15」豊富なアクセサリーと一緒に発表!
ソニーストア、あの「アクションカム」本日11時~先行予約販売開始だっ!
ソニー、アクションカム「HDR-AS15」レビュー。。。
ソニー、アクションカム「HDR-AS15」レーシングカート車載映像!
アクションカム専用「グリップスタイルLCDユニット AKA-LU1」、販売開始。
わんこ用、サーフボード用など、、、アクションカムアクセ8種類発表!
アクションカム用ドッグハーネス「AKA-DM1」を試す!っていうか、遊んだ!
アクションカム「HDR-AS15」大失敗の連続;
NFCとGPS搭載、付属防水ケース進化など、アクションカム「HDR-AS30V」と、さらに充実ACC製品
アクションカム向け、「自分のアクションシーンを景色と一緒に撮影できる アクションモノポッド VCT-AMP1」
本体のみで防滴、そして、最高画質の、白いアクションカム「HDR-AS100V」国内販売決定!
アクションカムが、マラソンに向いてるとわかった件。。。
アクションカムミニ10月24日(金)発売決定!


nice!(3)  コメント(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント