So-net無料ブログ作成

Reah Boiled製Xperia NX専用カスタムリアパネルだっ! [Xperia]

以前、ご紹介したことのある、各種スマホ用カスタムリアカバーのお店「Reah Boiled」さん。店長野田のXperia arcでも、こちらのカーボンカスタムリアカバーをずっと愛用。

さて、今回は、届いたばかりのXperia NX用カスタムリアカバー、、、相当ハイクオリティだったってことで、2種類レビューしてみよー。

まずは、グロッシーなブラックカーボンのものから。

一番最初にチェックしたかったのが、、、リアカバーエッジ部分の処理。

↑リアカバー、、、かなり薄い!しかも、かなりジャストサイズ感な取付方だから、リアカバー塗装や、貼付けなどをされてる方は、大変じゃないか?

↑Xperia NX発売日のブログで、こんなことを書いたが・・・。


↑サイドエッジ部分。問題なし。なんの違和感もない。


↑トップ部。ますます、なんの違和感もない。

少なくとも、貼付けタイプのリアカバー加工の場合、、、貼付けた分、確実に厚みが増しているわけで。エッジ部の処理もうまくやらないと剥がれるそうだけど、全くその心配もなさそう。実際、1年感使用してきたXperia arcのカーボンリアカバーは、全く剥がれそうな気配すらない。んー、1つずつ手作業で、高い精度をキープしているおかげだろうか?


↑今回、こんなのもつけていただいた。カーボンシートを貼ることで、裏面全体がカーボンデザインに!

さて、つづいて、レッドカーボン!あまりにもツボなんで、こっちを常用にしてしまいそうだが。
元々は、arcとのベンチマーク比較で、NXが、約3倍の数値をたたきだしたことから、、、3倍といえば、、、シャァザク^^;なら、レッドカーボンっしょ?なんて、「Reah Boiled」さんとTwitterでもりあがり、特別に作っていただくことに。

↑で、届いたのがこれ。開けてびっくり、CALLのロゴに、「NODAPERIA」^^
(arcのときも、NODAPERIAの文字があったんだよね。ほぼ気付かないくらいひっそりと。)

 


↑赤と黒のツートンが、相当イイ感じだっ!

↑グロッシータイプなので、角度で表情が変わる。。。

「Reah Boiled」の製品は、標準のリアカバーへの加工だから、Xperia NX本来のデザインを損なうこともないし、サイズも変わらないから、持った感覚も同じ。

ってことで、カスタムリアカバー派のあなた、おすすめっすよ!

Rear Boiledさんのホームページはこちら

Rear Boiledさんのブログはこちら


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0