So-net無料ブログ作成

VAIO P(Z560) ドコモ VS b-mobileと、、、熱の話。。。 [VAIO P様]

みなさーん、Pってますかぁ?

SONY DSC

お届け日トラブル冷めやらぬ、VAIO P様。
予定より1日遅れで届いた、店長野田のP(Z560)様。

まだまだ、セットアップも完了していないものの、、、いろいろ気になることがあり、実験してみた。

店長野田は、b-mobileモデルを買ったが、ドコモ接続したときと、どれくらい速度差があるのか?また、今回のP様は熱が気になるんで、その辺もあわせてチェックしてみた。

●ドコモ VS b-mobile

今回のP様は、ドコモモデルと、b-mobileモデルがある。(もちろん、WWANなしも選べる)
といっても、b-mobileは、ドコモの回線をレンタルしてサービス提供している、いわゆる、MVNO事業者だから、ハードはドコモと同じ。SIMカードも、「FOMA」のロゴ入り。b-mobile最大の強みは、ドコモの幅広いサービスエリアをそのまま使えるってところだ。
が、実際には、回線速度面でドコモより劣るといわれており、それを、リーズナブルな価格でカバーしているっていう感じ。

20100705docomobmobile05
↑VAIO P b-mobileモデルは、無料で、360分 or 186日間使用できる。

ところで、ドコモモデルを選択しても、b-mobile契約のSIMを使えば、ソニーのサポート外ながら、使用することはできる。

b-mobileモデルを選ぶメリットは、、、ドコモモデルと価格が同じで、b-mobileを最大6ヶ月無料で使えること。ドコモ契約しようか悩んでいる人にとっては、まずは、b-mobileで試してみるのもいいかもしれない。

前置きが長くなってしまったけど、早速、速度比較をしてみる。

テスト機は、もちろん、店長野田のP(Z560)様。
回線速度測定サイトは、USENの回線速度測定サイト「スピードテスト」
場所は、当店店内。ちなみに、感度は、バリ5。
動画サイトGyao!で、「ハガレン」を視聴してスムースさも確認。
(動画再生時は、「画面を大きくする」を選択した。)

※実験結果は、あくまで、当店環境でのものなので、目安と考えてください。。。

★ドコモ

20100705docomobmobile02

20100705docomobmobile03

回線速度は、複数回測定したが、だいたい、2Mbps少々。ブラウズもそれなりにストレスなく使える。
Gyaoの動画再生は、約30分の視聴中、何度か、砂時計。
でも、、、十分、使えるレベル。
ちなみに、、、視聴時は、常に、CPUは100%。。。

これで、月額上限6,000円前後(割引適用)なんだから、ヘビーモバイル用途であれば、魅力的だと思う。

★b-mobile

20100705docomobmobile04

ドコモ接続とは、約半分の速度。
Gyaoの動画再生は、、、正直、、、ムリだった。数秒再生、数十秒ロード。という感じ。

まぁ、実際、動画再生となると、ネット接続時間も長くなるだろうから、ドコモ契約したほうがいいという話も・・・。

20100705docomobmobile06

b-mobileは、従量課金(期間しばりもあり)で、1分10円という計算。30分動画視聴すると、300円という計算になる。あまり気軽には、、、^^;

が、、、1ヶ月間一度も利用しないなんてことがあっても、気が楽だし。

★ドコモ VS b-mobile まとめ

まぁ、これは、わかりきってることかもしれないが、利用頻度が高い場合には、ドコモ。そうじゃない場合は、b-mobile ってことでイイと思う。
が、、、回線速度を重視する場合は、ドコモを選ぶしかないねぇ。

店長野田の場合は、、、利用頻度がそこそこあるし、、、モバイル時に接続時間を気にして、つないだり切ったりってのがめんどくさいから、、、やっぱり、ドコモ接続になるけどねぇ。

迷ってる方に、参考になれば、幸い。。。

●熱の話。。。

今回は、ドコモとb-mobileの話だけにするつもりだったけど、動画再生時にCPUが100%になってたから、ちょうど、熱の話をするのに、ちょうどいいかなぁと。

測定した、当店店内のエアコンが効いた環境では、最高温度と判断できるから。

※一応気にする人もいるだろうから、、、フラッシュ10.1入れてます。Gyaoには関係ないけど。

温度測定に使ったのは、先日のUSTREAMでもご紹介した、、、↓これ。


赤外線非接触温度計KE-101 コンテック製 amazon価格3,980円(送料別)

非接触式なので、すげー便利♪

では、、、結果を。

SONY DSC

SONY DSC

2枚とも、上側が、液晶側です。

ごらんのとおり、、、結構熱いです^^;

今回のP様は、ファンレス設計となっているけど、、、
まぁ、CPU100%でぶんまわしてるってのもあるけど、Gyaoでフツーに動画見てただけだしねぇ。夏の屋外での、動画視聴は厳しいそう。。。

特に熱いのは、裏面のマザーボードがあるあたり。CPUや無線モジュールとか熱源がある。キーボード面では、ちょうどその反対側にあたる向かって左側がやはり熱い。タイピング時にはかなりの不快感だ。

が、、、ブラウズなどの通常使用では、もちろん、問題ない。店長野田のメインマシンZ様とかわらないくらいだった。

まぁ、どのノートPCでもそうだけど、CPU負荷のかかることをすると、少なからずPC本体は熱くなるが、、、非力なPCであれば、CPU負荷がかかることが多いだけに、、、本体が熱くなるケースが多くなってしまう。
今回の測定結果を見ると、やはり、動画再生などのCPU高負荷使用の場合は、熱対策が必要かもしれない。

ちなみに、、、店長野田の使用スタイルでは、動画再生はほぼなし。膝上使用もほぼなし。机上使用がほとんどで、たまに、モバイルグリップスタイル使用。ってことで、丸1日それなりに使用してみて(結構暑い場所でも使った)、Pの熱は、「個人的」には無問題っていう結論。動画メインの人にとっては、、、厳しいだろうなぁ・・・。

<当店新型VAIO P関連ブログ>

新型VAIO P、初代P バッテリーの自然放電?をチェック!
VAIO P実機レビュー番外編<新型P様以降のVAIO専用の、リモートキーボードとリモートプレイを、、、ほかのVAIOで動かす!>
新型VAIO P 実機レビュー<動画で確認。。。操作編>
新型VAIO P 実機レビュー<全体スピード編>
新型VAIO P 実機レビュー<SSDベンチマーク編>
新型VAIO P様がやってきた!<開梱&スペック編>
「巻末追記あり」新型VAIO P 天板サンプル 展示開始
エントリー受注3日間に皆さんが購入した、VAIO P人気カスタマイズはこれだ!
10,000star以上のソニスタヘビーユーザーさんが購入した、VAIO Pカスタマイズはこれだ!
店長野田が選んだカスタマイズの詳細はこちら
「VAIO New Ultra Mobile」 改め 「新型VAIO P」 発表!

<VAIO P関連リンク>

当店オリジナルの、VAIO P専用ケース&バッグ
納期一覧はこちら
・楽しい重量シミュレーションはこちら
通常モデルのシミュレーションはこちら
b-mobile最大6ヶ月無料パックモデルのシミュレーションはこちら↓
20100510newvaiop11

VAIO P詳細は、ソニースタイルへ↓
20100510newvaiop09


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 2

コメント 2

なむち

動画メインのヘビーユーザーは
そもそもPを選択しないんじゃ?・・・(^^;;;
by なむち (2010-07-06 16:44) 

てんちょ

>なむちさん
真の動画ヘビーユーザーこそ、、、
いつでもどこでも、動画再生!
じゃないんですかね?
初代PのXP化のときは、動画再生支援のところが、、、もっとも熱い問い合わせが多かったんですよね^^;
最初は、、、まったく理解できなかったんですが。。。
具体的にこのデータを再生してみてくれ!と、送られたデータを見て。。。ほほぉ。なるほどねぇ。と理解しました(滝汗
by てんちょ (2010-07-06 19:55) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0